記事一覧

17.沢雷随(たくらいず い)

17.沢雷随(たくらいず い)立派な人に従う時17. Seguir 従う「随」は従う、随行すること。「沢雷随の時、大いに通じる。貞正であれば良い。問題はない」。沢雷随の時は独立して行う時ではなく、 立派な人に従う時です。そしてゆっくりと力を蓄える時です。今はあくせく進まないで無理をせず、一服する時でもあります。サラリーマンの場合は転勤命令が あるかも知れませんが、素直に従ったほうがいいでしょう。臨機応変な対応がポ...

続きを読む

16.雷地予(らいちよ)

16.雷地予(らいちよ)うれしく楽しい準備のとき 16. Entusiasmo 熱意「予」は喜び楽しむこと。「師」は戦争のこと。「雷地予の時、諸侯を動かして戦争を行っても良い」。雷地予の時は、まるで外国旅行の 準備をしている時のように嬉しく楽しい時です。あるいは春が訪れた時のように喜びあふれる時です。会社でもうきうきするようなこと、たとえば、上司の引き 立てなどがあるでしょう。しかし、怠惰になったり、慢心して脱...

続きを読む

15.地山謙(ちざんけん)

15.地山謙(ちざんけん)低 姿勢で謙虚に進む時15. Modéstia 謙虚「謙」は謙遜、謙虚のこと。「地山謙の時、通じる。君子は終わりを全うすることができる。吉」。この卦は、地の中に山が没しています。高くて、尊いも のが頭を低くしています。実るほど頭を垂れる稲穂のようです。地山謙の精神は消極的では有りますが、世渡りの知恵であり、どっしりとした強さがあり、人生 では最も大切なことです。「能ある鷹は爪を隠す」とい...

続きを読む

14.火天大有(かてんたい ゆう)

14.火天大有(かてんたい ゆう)我が世の春の時14. Prosperidade 繁栄「大有」は大いに所有するということ。「火天大有の時、大いに通じる」。 この卦を見ると、天の上に太陽(火)がさんさんと輝いています。そ して、気力、実力ともに充実したあなた(天)の上にも太陽が輝いています。 火天大有の時は、まさに、あなた自身が中天に輝く太陽になったように申し分のない時です。すなわち、お金にしても、地位にしても、世...

続きを読む

13.天火同人(てんかどう じん)

13.天火同人(てんかどう じん)一致団結して進む時13. Companhia  会社「同人」は同人雑誌の同人、志を同じくすること。「天火同人の時、同じ志を持った者同志が、広々とした野原のように公明正大であれば 通じる。大川を渡っても良い。君子は貞正であれば良い」。天火同人の時は、正々堂々と公明正大に、皆と仲良くして進む時です。たとえば、共同事業などは成 功しやすいでしょう。しかし、私利私欲の固まりのような人な...

続きを読む