記事一覧

53 TREE SPIRIT/YAKSHI

無為自然寛容になることで問題が解決する。あるがまま。心を休めること。物事のあるがままの姿を受け入れなさい。抵抗しないで受け入れることにより、全てはその収まるべき所に収まってゆく。問題は解決し、争いは収まるであろう。全ては「無為自然」のはたらきによる。運命に対しても寛容でありなさい。愚痴矢不平を言わないで、どれだけ執着を捨てて物事や、人の言動を寛容に受け入れられるか遊んでごらん。運命を寛容に受け入れ...

続きを読む

21. 与えること Giving 

いまこそ開いて、けちであることをやめて、自分がなしうるかぎりのことを、自分がもちうるかぎりの ものを与えることです。あなたのありあまる愛を、あなたのありあまるハートを与えることです。 マリー・マグダレーナを覚えているだろうか? 私には、彼女だけがほんとうにイエスについて行っ た人のように思える。彼女の真正さは途方もなかった。ある日彼女はやってきて、非常に、非常に高価 な香水をイエスの足にかけた。&nb...

続きを読む

Moment to moment

 石を踏み越えて行くこの人物の足取りは軽く、深刻なところは ひとつもなく、それでいて完全にバランスを保ち、油断がありま せん。渦を巻き、たえず変化しつづける水の背後には、ビルディ ングの輪郭が見えます。都市が背景に姿を現わしているのです。 この人は市場(マーケットプレイス) にいますが、それでいてなお、その外にいて自 分のバランスを保ち、市場を上から見守ることができます。 このカードは、別の場所と別の...

続きを読む

22.山火賁(さんかひ)

22.山火賁(さんかひ)見 栄を捨て内面充実の時Graciosidade 淑やか「賁」は飾ること。「山火賁の時は通じる。小さいことなら進んでも良い」。この卦が表しているのは、太陽(火)が山のかなたに沈む日没寸前の光景で す。山々が夕日で赤くいろどられ、確かに息をのむほどに美しい姿ですが、それはあくまで表面的かつ一時的な美しさで、内面的、永続的なものではありませ ん。 山火賁の時は、たとえるならば夕暮れ時で明るさに乏...

続きを読む

21.火雷噬〓(からいぜい ごう)

21.火雷噬〓(からいぜい ごう)障害物を断固として除去する時21. Morder 噛「噬〓」は噛み砕くこと。「獄」は牢獄のこと。「火雷噬〓の時は通じる。障害となるものは牢に入れてでも除去することだ」。火雷噬〓 の時は、奥歯に物がはさまっているような何らかの邪魔者が存在している時です。この卦が出たら「目には目を、歯には歯を」の態度で厳しく対処し、思いきっ てそれを取り除くことが求められます。優柔不断な態度ではと...

続きを読む