記事一覧

熟すこと

果実は熟すと、おのずと樹から落ちます。あるときは樹の枝の生命の糸にぶら下り、活力に満ちたジュースではち切れんばかりですが、次の瞬間には落ちてしまいます。
それは無理やり落とされたり、ジャンプしようとしたからではなく、実が熟したことを樹が知って、ただ落ちていかせたからです。
リーデイングでこのカードが現われたときは、あなたには自分の内なる豊かさ、「ジュース」を分かち合う用意ができていることを示しています。
あなたがしなければならないことは、まさに自分のいるところでリラックスし、それが起こるのを喜んで迎えることだけです。
この自分自身を分かち合うこと、自分の創造性が広がることは、多くのやり方で訪れます仕事関係性、日々の生活体験のなかで。
あなたの側で特別な用意や努力をする必要はありません。すでに機は熟しているからです。
~*~
瞑想があなたに、どんな夜にも輝く光をもたらすようになって、初めて、死さえもあなたにとっては死ではなく、神性への扉になる。
あなたのハートのなかの光で、死そのものがひとつの扉へと変容され、あなたは宇宙のスピリットに入る。
あなたは大海とひとつになる。
そして、この大海のような体験を知るようにならないかぎり、あなたは無駄に生きてきたことになる。
今がつねにその時だ。
そして、実はつねに熟している。
あなたは勇気をだして、自分の内なる森へと入っていけばいいだけだ。
実はつねに熟しているし、機はつねに熟している。
今はその時ではないということなどない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント