記事一覧

「足が地についている」とか「中心が定まっている」と私たちが言うのは、この「源」のことです。
創造的なプロジェクトを始めるとき、私たちはこの「源」に波長を合わせます。
このカードは、私たちにはエネルギーの巨大な貯蔵庫が用意されていることを思い出させてくれます。そして、その貯蔵庫に入ってエネルギーをくみ取るためには、考えて計画を立てるのではなく、地に足をつけ、中心に定まり、「源」との接触がもてます。
そして、その貯蔵庫に入ってエネルギーをくみ取るためには、考えて計画を立てるのではなく、地に足をつけ、中心に定まり、「源」との接触がもてるほど沈黙しなければならないということも……。
それは、生命と滋養を与えてくれる自分の、個人それぞれの太陽のように、私たちひとりひとりの内側にあります。
脈打ち、入手可能な、純粋なエネルギーそれには、私たちがなにかをやり遂げるのに必要なものであれば、なんでも与えてくれる用意かありますし、休みたいときはいつでも家に帰るのを歓迎してくれます。
ですから、あなたがなにか新しいことを始めようとしていて、まさにいまインスピレーションを必要としていても、あるいは、ちょうどなにかをやり終えて休みたいと思っていても、「源」へ行ききしょう。
それはつねにあなたを待っています。
しかも、それを見いだすには、自分の家からー歩も出なくていいのです。
禅は、頭から出て根源に行くことをあなたに求める……。
それは、頭でのエネルギーの使い方に禅は気づいていないということではなく、エネルギーがすべて頭で使われていたら、あなたは自分の永遠性にけっして気づかないからだ……。
あなたは、全体とひとつであるとはどういうことなのか、それを体験として知ることはけっしてないだろう。
エネルギーがまさに中心にあり、脈打つているとき、エネルギーが頭にもハートにも、どこにも動かずに、ハートがそこから受け取り、頭がそこから受け取る源そのものにあり、源そのもので脈打つているとき
それこそが、まさに坐禅の意味だ。
坐禅とは、どこにも動かずに、ただ源そのものに坐ることだ。
途方もない力が湧いてくる。光と愛への、もっと大いなる生への、慈悲への、創造性への、エネルギーの変容。エネルギーは多くの形を取ることができる。
だが、あなたはまず、いかにその源にあるかを学ばなけれぱならない。
そうすればあなたの潜在能力がどこにあるのか、その源が決めてくれる。あなたは源でリラックスすればいい。
そうすれば源があなたの潜在能カそのものへと連れていってくれる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント