記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRACTICALITY

あなた自身の内成る神性を見せてくれるものに魅せられたり、囚われたりしてはいけません。その代わりに道に、神性に至る道の上にとどまりまりなさい。
非常に暗い夜、森のなかで道に迷ったふたりの人のことを聞いたことがある。それは非常に 危険な森だった。野獣がたくさんいて、しげみは深く、まわりじゅうが闇だった。
ひとりは哲学者で、もうひとりは神秘家だった——ひとりは疑いの人で、もうひとりは信頼 の人だ。 突然嵐になり、雷鳴がとどろき、すさまじい稲妻が走った。稲妻が光るその瞬間に、哲学者 は空を見た——神秘家を道を見た。
 あなたは、この物語の森よりもさらに深い森のなかで道に迷っている。夜はさらに暗い。ときとして稲妻の一閃がやってくる——道を見るがいい。
荘子のような人は稲妻だ。覚者は稲妻だ。私は稲妻だ。私を見てはいけない、道を見なさい。もし私を見たら、あなたはすでに逃している——稲妻は一瞬の間しかつづかないからだ。永遠が時間を貫く瞬間はめったにない。それはまさに稲妻に似ている。もしあなたがその稲妻を見たら、それはまさに稲妻に似ている。もしあなたがその稲妻を見たら、もしあなたが覚者の方を見たら——しかも覚者は美しい。その顔は心を奪い、その目は磁石のように引きつける——もしあなたがその覚者を見たら、 あなたは道を逃している。

道を見なさい......道に従いなさい。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。