記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22.山火賁(さんかひ)


22.山火賁(さんかひ)
見 栄を捨て内面充実の時
Graciosidade 淑やか
「賁」は飾ること。「山火賁の時は通じる。小さいことなら進んでも良い」。この卦が表しているのは、太陽(火)が山のかなたに沈む日没寸前の光景で す。山々が夕日で赤くいろどられ、確かに息をのむほどに美しい姿ですが、それはあくまで表面的かつ一時的な美しさで、内面的、永続的なものではありませ ん。 山火賁の時は、たとえるならば夕暮れ時で明るさに乏しく、遠くまで見通すことができません。したがって、まず大きなことをする時ではありません。また、と か く外見にとらわれ、体裁にこだわる時ですので、見たて損ないのないようその内面にこそ目を向けることが大切です。メッキがはがれたら目もあてられなかっ た、ということにならないように内容を充実させましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。