記事一覧

20.風地観(ふうちかん)


20.風地観(ふうちかん)人 生を深く洞察する時
20. Contemplação 熟考
「観」は観光旅行の観、観察すること。目と心で見ること。「〓若」は厳正、厳粛なこと。「風地観の時、手を洗い清め、お供物を軽々し く捧げたりしない。誠が満ちていて、すべてのことが厳粛に行われる」。風地観の時」は祭祀に取りかかる時のように、誠をもって厳かに事を行えば、人から信 頼され尊敬を受ける時です。また、学問や趣味に力を注ぐ好機でもありますが、おおよそのことは現状維持を心がけることです。見聞を広める旅行をするには大 変良い時です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント