記事一覧

12.天地否(てんちひ)


12.天地否(てんちひ)
世 はまさに闇の時
12. Estagnação
「否」は否定の否で、塞がって通じないこと。「天地否の時には人の道がまともに行なわれない。君子がいかに貞正を守って事を行なおう とし ても、行なえない。大人が追い出され、つまらぬ小人がのさばっている時だからである」。天地否の時は正しいことや常識が通じず、まさに「不毛」の時です。 ま た、人との不和も多く、生活も思わしくなく、孤独な時です。このような時は正論は控え、つまらない者とは極力関わらないことです。会社でも派閥抗争に加 わったり、業者からワイロをもらったりしないことが肝要です。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント