記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2. 坤為地(こんいち)


2.坤為地(こんいち) 
O Receptivo(または受容)
一 歩下がって進む時
「坤為地の時、大いに通じる。牝馬のように貞正であれば良い。進む場合、先頭に立てば迷い、一歩遅れていけば主人を得る。西南方面 (広々とした大地で陰の同類)に行けば友が得られ、東北方面(険しい山々で陽を意味する)に行けば同類の友は失うがそれで良い。貞正で心安らかにして 吉」。坤為地は地と地が二つ重なった全陰の卦で す。母なる大地の、優 しく地味な姿です。牝馬が牧場でのんびりと牧草をたべている情景です。あなたは先頭を きって進むことを好むかも知れません。しかし、坤為地の時は人の後ろからついて行き、人の意見に従い,裏方や女房役に徹した方が成功しやすい時なのです。 「我れ先に」でなく「お先にどうぞ」の気持ちが求められる時です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。