記事一覧

嘆き

これは、仏陀のいとこで弟子でもある阿難(あなん)のイメージです。彼はたえず仏陀のそぱにいて、22年ものあいだ仏陀のあらゆる身の回りの世話をしていました。仏陀が死んだとき、阿難は依然として彼のそばにいて、泣いていたと伝えられています。ほかの弟子たちは彼が誤解していることを責めました。仏陀は完全に満たされて死んだのだ、おまえは悦んでこそ当然なのだ、と。それでも、阿難はこう言つたのです。
「きみたちこそ誤解している。私は彼のために泣いているのではない、自分のためなのだ。私は何年ものあいだずっと彼のそぱにいたのに、いまだに成就していないからだ」。阿難はその夜一晩中起きていて、深く瞑想し、痛みを感じ、嘆き悲しんでいました。朝になって、彼は光明を得たと言われています。どうしようもなく嘆き悲しんでいる時は、その奥に、大きな変容の時となりうる可能性が潜在しています。しかし、変容が起こるためには、私たちは深く、痛みの根そのものにまで入っていき、非難することも自分を憐れむこともせずに、そのあるがままの痛みを体験しなければなりません。
この痛みは、あなたを悲しませるためにあるのではない。
それを覚えておくがいい。人びとが見逃しつづけているのはそこだ……。
この痛みは、ただあなたをもっと油断なくさせるためにある。
というのも、人びとは矢が自分の胸に深く刺さって、傷つかないかぎり、油断しないようにはならないからだ。そうならないかぎり、彼らは油断しないようにはなちない。生きることが簡単で、心地よく、都合がよければ、誰が気にするかね?油断しないようになろうなどと誰が脳むかね?友人が死ぬと、その可能性はある。あなたの恋人があなたをおいて行ってしまうと闇の深いその夜、あなたは淋しく感じる。あなたはその女性をとても愛していたし、すべてを賭けていた。ところが、ある日突然、彼女は去ってしまう。淋しさに泣さながら、もしあなたがそれらを使えば、そういう時こそ、気づくようになることのできる機会だ。矢は痛む一一。それを使うことはできるのだ。
この痛みは、あなたを惨めにさせるためにあるのではない。痛みは、あなたをもっと気づかせるためにある!そして、あなたが気づくと、惨めさは消える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント