記事一覧

中臣祓(なかとみのはらへ)

〔掛(かけ)巻(まく)も畏(かしこ)き〕 高天原(たかまのはら)に神留坐(かむづまりま)す 皇(すめ)らが親(むつ)神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)の命(みこと)以(もち)て 八百万(やほよろづ)の神達(かみたち)を神集(かむつどへ)に集給(つどへたま)ひ 神議(かむはかり)に議賜(はかりたまひ)て 我(あが)皇孫尊(すめみまのみこと)は 豊葦原(とよあしはら)の水穂(みずほ)の国(くに)を 安国(やすくに)と平(たひら)けく所知食(しろしめせ)と事依(ことよさ)し奉(まつり)き 如此(かく)依(よさ)し奉(まつり)し国中(くぬち)に 荒振(あらぶる)神等(かむども)をば 神問(かむとは)しに問給(とはしたま)ひ 神掃(かむはらひ)に掃給(はらひたま)ひて 語問(こととひ)し磐根(いはね) 樹立(きねたち) 草(くさ)の片葉(かきは)をも語止(ことやめ)て 天磐座(あめのいわくら)放(はな)ち 天(あめ)の八重雲(やへくも)を伊頭(いづ)の千別(ちわき)に千別(ちわき)て 天降(あまくだし)依(よさ)し奉(まつり)き 如此(かく)依(よさ)し奉(まつり)し 四方(よも)の国中(くになか)と 大倭(おほやまと)日高見(ひたかみ)の国(くに)を安国(やすくに)と定(さだめ)奉(まつり)て 下津(したつ)磐根(いはね)に宮柱(みやはしら)太敷立(ふとしきた)て 高天原(たかまのはら)に千木(ちぎ)高知(たかしり)て 皇孫尊(すめみまのみこと)の美頭(みづ)の御舎(みあらか)仕奉(つかへまつり)て 天(あめ)の御蔭(みかげ) 日(ひ)の御蔭(みかげ)と隠坐(かくりまし)て 安国(やすくに)と平(たひら)けく所知食(しろしめさ)む国中(くぬち)に 成出(なりいで)む 天(あめ)の益人等(ますひとら)が 過(あやまち)犯(おかし)けむ雑々(くさぐさ)の罪事(つみごと)は
天津罪(あまつつみ)とは 畦放(あはなち) 溝埋(みぞうめ) 樋放(ひはなち) 頻蒔(しきまき) 串刺(くしさし) 生剥(いけはぎ) 逆剥(さかはぎ) 屎戸(くそへ) 許々太久(ここたく)の罪(つみ)を天津罪(あまつつみ)と宣別(のりわけ)て
国津罪(くにつつみ)とは 生膚断(いきはだだち) 死膚断(しにはだだち) 白人(しらひと) 胡久美(こくみ) 己(おの)が母(はは)犯罪(おかせるつみ) 己(おの)が子(こ)犯罪(おかせるつみ) 母(はは)と子(こ)と犯罪(おかせるつみ) 子(こ)と母(はは)と犯罪(おかせるつみ) 畜(けもの)犯罪(おかせるつみ) 昆虫(はふむし)の災(わざはひ) 高津神(たかつかみ)の災(わざはひ) 高津鳥(たかつとり)の災(わざはひ) 畜(けもの)仆(たふ)し 蟲物(まじもの)為(せる)罪(つみ) 許々太久(ここたく)の罪(つみ)出(い)でむ 如此(かく)出(いで)ば 天津(あまつ)宮事(みやごと)を以(もち)て 大中臣(おほなかとみ) 天津(あまつ)金木(かなぎ)を本打切(もとうちきり) 末打断(すゑうちたち)て 千座(ちくら)の置座(おきくら)に置(おき)足(たら)はして 天津(あまつ)菅曾(すがそ)を本苅断(もとかりたち) 末苅切(すゑかりきり)て 八針(やはり)に取辟(とりさき)て 天津祝詞(あまつのりと)の太祝詞事(ふとのりとごと)を宣(の)れ 
如此(かく)宣(のら)ば天津神(あまつかみ)は天(あめ)之(の)磐門(いはと)を押開(おしひら)きて 天(あめ)之(の)八重雲(やへぐも)を伊頭(いづ)の千別(ちわき)に千別(ちわき)て聞食(きこしめさ)む 国津神(くにつかみ)は高山(たかやま)の末(すゑ)短山(ひきやま)の末(すゑ)に登坐(のぼりま)して 高山(たかやま)の伊穂理(いほり) 短山(ひきやま)の伊穂理(いほり)を撥別(かきわけ)て聞食(きこしめさ)む
如此(かく)聞食(きこしめし)ては 皇御孫(すめみま)の命(みこと)の朝廷(みかど)を始めて 天下(あめのした) 四方(よも)の国には 罪(つみ)と云(いふ)罪(つみ)は不在(あらじ)と 
科戸(しなど)の風(かぜ)の天(あめ)の八重雲(やへぐも)を吹放(ふきはなつ)事(こと)の如(ごと)く 朝(あした)の御霧(みきり)夕(ゆふべ)の御霧(みきり)を 朝風(あさかぜ)夕風(ゆふかぜ)の吹払(ふきはらふ)事(こと)の如(ごと)く 大津辺(おほつべ)に居(を)る大船(おほふね)を 舳(へ)解放(ときはなち)艫(とも)解放(ときはなち)て 大海原(おほわだのはら)に押放(おしはなつ)事(こと)如(ごと)く 彼方(おちかた)の繁木(しげき)が本(もと)を 焼鎌(やきがま)の敏鎌(とがま)以(もち)て打掃(うちはらふ)事(こと)の如(ごと)く 
遺(のこ)る罪(つみ)は不在(あらじ)と 祓給(はらひたま)ひ清給(きよめたまふ)事(こと)を 高山(たかやま)之(の)末(すゑ) 短山(ひきやま)之(の)末(すゑ)より 佐久那太理(さくなだり)に落(おち)瀧(たぎ)つ 速川(はやかは)の瀬(せ)に坐(ま)す瀬織津比咩(せおりつひめ)と云(いふ)神(かみ) 大海原(おほわだのはら)に持出(もちいで)なむ 如此(かく)持出(もちいで)往(いな)ば 荒塩(あらしほ)の塩(しほ)の八百道(やほぢ)の八塩道(やしほぢ)の 塩(しほ)の八百会(やほあひ)に坐(ま)す速開都比咩(はやあきつひめ)と云(いふ)神(かみ) 持(もち)可可呑(かかのみ)てむ 如此(かく)可可呑(かかのみ)ては 気吹戸(いぶきど)に坐(ま)す気吹戸主(いぶきどぬし)と云(いふ)神(かみ) 根国(ねのくに)底国(そこのくに)に気吹(いぶき)放(はなち)てむ 如此(かく)気吹(いぶき)放(はなち)ては 根国(ねのくに)底国(そこのくに)に坐(ま)す速佐須良比咩(はやさすらひめ)と云(いふ)神(かみ) 持佐須良比(もちさすらひ)失(うしなひ)てむ 如此(かく)失(うしなひ)ては 
今日(けふ)より始(はじめ)て罪(つみ)と云(いふ)罪(つみ) 咎(とが)と云(いふ)咎(とが)は不在物(あらじ)と 祓給(はらひたま)ひ清給(きよめたまふ)事(こと)の由(よし)を 八百万(やほよろづ)神等(かみたち)諸共(もろとも)に 左男鹿(さおしか)の八(やつ)の耳(みみ)を振立(ふりたて)て 聞食(きこしめせ)と申(まを)す
特に、現在の神社本庁の大祓詞で省略されている、中臣祓での天津罪八種、国津罪十八種が生々しく記されていますが、列挙しますと…。 
【天つ罪】
畔放(あなはち) 田の畔を壊すこと 
溝埋(みぞうめ) 田に水を引く溝を埋めること 
樋放(ひはなち) 田に水を引く樋を壊すこと 
頻播(しきまき) 他の田畑で作物の生長を妨げること 
串刺(くしさし) 他人の田畑に杭を立てて、収穫物を自分の物だと主張すること 
生剥(いきはぎ) 生きている馬の皮を剥ぐこと 
逆剥(さかはぎ) 馬の皮を尻の方から剥ぐこと 
屎戸(くそへ) 祭場を糞尿などの汚物で汚すこと 
【国つ罪】
生膚断(いきはだたち) 人に傷をつけること 
死膚断(しにはだたち) 人を殺すこと 
白人(しろひと) 肌の色が白くなる病気 
胡久美(こくみ) 瘤ができること 
おのが母犯せる罪 近親相姦 
おのが子犯す罪 近親相姦 
母と子と犯せる罪 他人の女とその娘を犯すこと 
子と母と犯せる罪 他人の女とその母を犯すこと 
畜犯せる罪 獣姦 
昆虫の災 昆虫やムカデ、蛇などによる災難 
高津神の災 雷など天災地変による災難 
高津鳥の災 空を飛ぶ鳥による災難 
畜仆し(けものたおし) 家畜を呪い殺すこと 
蠱物(まじもの) 他人を呪い殺すこと
天津罪は天津神に対する罪、国津罪は国つ神に対する罪ですが、国津罪である殺生や傷害それに近親相姦や呪詛(じゅそ)の罪よりも、農事に対する妨害の方が天津罪として重い罪とされている点に注目します!。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント