記事一覧

バガヴァッド・ギーター

PLAY 戦争は始まらなければならなかった。両方の軍隊が対峙して、互いに殺し合いを始めるこ とができるように、合図がなされるのをまさに待っていた。アルジュナは、何百万もの人びとを見て、少し動揺した。彼は考えた。「これはばかげている。王国のためというだけで、ただ王になるというだけで、何百万もの人びとを殺すだけの価値はない」 この考えがあまりにも深くつき刺したために、彼は自分の有名な弓を捨てて、クリシュ...

続きを読む

沈黙

 満月の、満天に星の輝く夜、その沈黙した鏡のような受容性が、 霧の立ちこめた下の湖に映っています。深い瞑想に入っている空(そら) の顔は、深み、平和、そして理解をもたらす夜の女神です。 今はまさに貴重な時です。内側で休むこと、自分の内なる沈黙の 深みを宇宙の沈黙と出会うポイントまで垂直に下ろしていくこと は、あなたにとって簡単なことでしょう。することはなにもな く、行くところもなく、あなたの内なる沈黙...

続きを読む

BEYOND THE SMALL FAMILY 

イエスに関する非常に神秘的な物語、イエスにしては非常に厳しく見える物語がある。 彼は群衆に語りかけていた。すると誰かが言った。「イエス、あなたのお母さんが外の方で待っ ていらっしゃいます。でも、人の集まりが大きすぎて、彼女はなかに入ってこれません。あなたに会いたがっておられます」 イエスは言った。「誰も私の母ではない」 そしてあるとき、イエスはまだ子どもだったころ、イエスと彼の父母は、毎年恒例の...

続きを読む

No-mind is the way to God.

The state of no-mind is the state of the divine. God is not a thought but the experience of thoughtlessness. It is not a content in the mind; it is the explosion when the mind is content-less. It is not an object that you can see; it is the very capacity to see. It is not the seen but the seer. It is not like the clouds that gather in the sky, but the sky when there are no clouds. It is that empty...

続きを読む

Conscience

マリー・マグダレーナを覚えているだろうか? 私には、彼女だけがほんとうにイエスについて行った人のように思える。彼女の真正さは途方もなかった。ある日彼女はやってきて、非常に、非常に高価な香水をイエスの足にかけた。 ユダはその場にいて、その機会を逃さなかった。彼は言った。「いいですか、あなたは彼女を止めるべ きだったのですよ! これは無駄です! あのオイルは非常に高いのですよ......売ることだってできた の...

続きを読む