記事一覧

XIX 

このカードの老人は、子どものような歓びを世界に放っています。彼のまわりには優雅な感じがただよい、まるで自分に、そして生がもたらしてくれているものに、くつろいでいるかのようです。彼は指の上の蟷螂(かまきり)と楽しい会話を交わしているように見えます。まるで彼らふたりが大の親友であるかのようにー。彼のまわりにこぼれ落ちているピンクの花は、手放しの、くつろぎの、そして甘美なひと時を表わしています。それは、彼...

続きを読む

Heal The World

There's a place in your heartAnd I know that it is loveAnd this place could be muchBrighter than tomorrowAnd if you really tryYou'll find there's no need to cryIn this place you'll feelThere's no hurt or sorrow君の心にはある愛のある場所がきっと明日よりもずっと明るくできるそう望んだのなら泣く必要なんてないと気付くだろうこの場所には痛みも悲しみもないThere are ways to get thereIf you care enough for ...

続きを読む

XXI  完成

ジグソーパズルの最後のひとかけが、しかるべき所、第三の眼の位置、内なる洞察の場に置かれようとしています。果てしなく変化する生の流れのなかにあってすら、これで完成というポイントに行き着く瞬間がときにはあります。こうした瞬間に、私たちは絵全体を、長いあいだ気になっていた小さな断片すべてが組み合わされた全体像を読み取ることができるのです。仕上げてしまったら、私たちにできることは、この状況か終わることば望...

続きを読む

呂洞賓

十試呂洞賓が鍾離権から受けた十の試練は以下のようなものである。第一試ある日、洞賓が外出し戻ってくると、家族全員が病死していた。彼は嘆くことなく淡々と葬儀の準備をした。しばらくすると、死者はみな生き返ったが、呂洞賓は全く怪しまなかった。第二試ある日、洞賓が市へ物を売りに行き、その値段を決めたが、相手が前言撤回し、値段の半分しか払わなかった。しかし、洞賓は何も言わなかった。第三試洞賓が元日に門を出よう...

続きを読む

十牛禅図

1. 尋牛(じんぎゅう) - 牛を捜そうと志すこと。悟りを探すがどこにいるかわからず途方にくれた姿を表す。2. 見跡(けんせき) - 牛の足跡を見出すこと。足跡とは経典や古人の公案の類を意味する。3. 見牛(けんぎゅう) - 牛の姿をかいまみること。優れた師に出会い「悟り」が少しばかり見えた状態。4. 得牛(とくぎゅう) - 力尽くで牛をつかまえること。何とか悟りの実態を得たものの、いまだ自分のものになっていない姿。5. 牧牛(ぼく...

続きを読む

CHALLENGE

私は古くからあるたとえ話を聞いたことがある——非常に古いにちがいない。というのも、 そのころは神はよく地上に住んでいたかだ......。 ある日、ひとりの男が、年老いた農夫が来てこう言った。「いいですか、あなたは神かもし れないし、世界を創ったかもしれない。でも、私はひとつのことだけはあなたに言わなければ なりません、あなたは農夫ではないのです。あなたは農業のいろはさえ知らないのです。少しは学んだらどう...

続きを読む