記事一覧

無為自然

53 TREE SPIRIT/YAKSHI無為自然。寛容になることで問題が解決する。あるがまま。心を休めること。物事のあるがままの姿を受け入れなさい。抵抗しないで受け入れることにより、全てはその収まるべき所に収まってゆく。問題は解決し、争いは収まるであろう。全ては「無為自然」のはたらきによる。運命に対しても寛容でありなさい。愚痴矢不平を言わないで、どれだけ執着を捨てて物事や、人の言動を寛容に受け入れられるか遊んでごら...

続きを読む

RECEPTIVITY  受容性

哲学の教授が、禅のマスター、南院のところに行って、神、瞑想、そして非常に多くのことをたずねた。 マスターは沈黙したまま聴いていた。そして言った。「あなたは疲れているようだ。あなたはこの高い山 を登ってきた。あなたは遠いところから来た。まずあなたにお茶を出させてほしい」 哲学の教授は待った。彼は質問で沸き立っていた。だが、湯沸かしが歌い、茶の香りが広がり始めて、 マスターは彼に言った。「待つがいい! そん...

続きを読む

LAUGHTER

私は中国の三人の神秘家たちのことを聞いたことがある。誰も彼らの名前を知らない。彼らは『三人の笑う聖者たち』としてのみ知られている。彼らはほかにはなにもしたことがなかっ たからだ——彼らはただ笑った。彼らは町から町へとよく移動して、市場に立って腹の底からすばらしく笑ったものだ。 この三人の人びとはほんとうにすばらしかった。笑うと、彼らの腹は波打った。それは伝染病になった——市場全体が笑ったものだ........

続きを読む

嘆き

これは、仏陀のいとこで弟子でもある阿難(あなん)のイメージです。彼はたえず仏陀のそぱにいて、22年ものあいだ仏陀のあらゆる身の回りの世話をしていました。仏陀が死んだとき、阿難は依然として彼のそばにいて、泣いていたと伝えられています。ほかの弟子たちは彼が誤解していることを責めました。仏陀は完全に満たされて死んだのだ、おまえは悦んでこそ当然なのだ、と。それでも、阿難はこう言つたのです。「きみたちこそ誤解し...

続きを読む