記事一覧

流れと共に行く

このカードの人物は水のなかで完全にくつろぎ、楽にして、水の流れに任せています。彼は怠惰になったり眠くなったりすることなく、受け身で受容的であるアートをマスターしています。「それはいやだ」とか「別の方向に行きたい」という考えなどまったくなく、生の流れに身をゆだねています。生という水に入って浮かぶか、それとも流れをさかのぼって泳ぐのか、生のあらゆる瞬間ごとに選択の余地が残されています。リーデイングでこ...

続きを読む

忍耐

あとは待つしかない、という時があります。 種はまかれ、子宮のなかでは子どもが成長し、あこや貝は砂粒に膜をかけて真珠に変えようとしています。このカードは、今こそただ油断せずに、忍耐強く、待っていることだけが求められている時なのだということを私たちに思い出させてくれます。ここに描かねている女性は、まさにそのような姿勢をしています。満たされ、不安な様子もなく、ただ待っています。頭上を過ぎていく月のあらゆ...

続きを読む

COMPASSION

慈悲は、他人への同情でいっぱいになった血のにじむようなハートを持っていることではありません——慈悲とは、状況に覚醒をもたらすのに必要なことであれば、なんでも喜んでやるほどの愛の深さです。イエスの生涯で起こったある状況を思い出してほしい。彼は鞭を取って、エルサレムの偉 大な寺院に入って行った。イエスの手に鞭? これこそ仏陀が言ったことの意味だ——「怪 我をしていない手は毒を扱うことができる」 そのとおりだ、...

続きを読む

MIND

あなた自身の惨めさ、喜び、否定的な部分、肯定的な部分、地獄、あるいは天国といった創造 の責任を取る用意。この責任を理解して受け容れたら、ものごとは変わり始めます。新しい可 能性に向かって開いていましょう。有名な逸話がある。  あるとき、ある人が旅をしていて、偶然楽園に入った。さて、インドの楽園の概念では、願いをかなえてくれる木がある。ただその下に坐って、なにかを望むと、すぐにそれがかなえられ...

続きを読む

遊びに満ちる

生は、私たちが思い込んでいるほど深刻なことはめったにありません。そして、この事実を認めると、生はさらにもっと遊ぶ機会を私たちに与えることで応えてくれます。このカードの女性は蛹(さなぎ)の皮を破って約束された光のなかへと現われた蝶のように、生きていることの喜びを祝っています。彼女は、私たちがまだ子どもで、海辺で貝殻を見つけたり、次の瞬間には波が押し寄せ、流し去ってしまうかもしれないことなど気にもせずに...

続きを読む

CHALLENGE/挑戦

少しの苦闘は必ず必要なことです。私たちは嵐——稲妻、雷鳴、そして悲しみ——を経験することで、それと同時に喜びと幸せを経験することでも、より豊かになってゆきます。私は古くからあるたとえ話を聞いたことがある——非常に古いにちがいない。というのも、 そのころは神はよく地上に住んでいたからだ......。ある日、ひとりの男が、年老いた農夫が来てこう言った。「いいですか、あなたは神かもし れないし、世界を創ったかもしれな...

続きを読む

SRRENDER/明け渡す

SRRENDER/Sincerityもしあなたが、どのような状況からも最大限の恩恵を達成したいと望むなら、トータルにかかわらなければなりません。それがあなたに鍵を与えてくれるでしょう。ボーディダルマはインドで光明を得た。そしてひとりの弟子を探したが、そのひとりを見つけること ができなかった。それゆえに彼は中国に行かなければならなかった......。彼は鍵をもっていた。そして 彼は老年にさしかかっていたが、しかも彼は正しい後...

続きを読む

ヒーリング

深く埋もれた過去の傷が表面に現われてきている時です。癒される用意を整えて、その場にいましょう。このカードの人物は裸で傷つきやすく、〈存在〉の愛にあふれたタッチに開いています。からだのまわりのオーラは光に満ち、まわりを包むくつろぎ、心づかい、そして愛の質が、彼の闘いと苦しみを溶かしさっています。肉体と、微細なエネルギー体私たちひとりひとりを取り巻いていると癒し手(ヒーラー)たちが言う、その微細なエネル...

続きを読む

和合

性を、最後の段階ではなく、最初の段階にしましょう。 ふたりの恋人が深い性的なオーガズムに入っているとき、彼らは互いに溶け合う。そうなると、女性はもはや女性ではない、男性はもはや男性ではない。彼らはまさに " イン(陰)" と " ヤン(陽)" のサークルのようになる。互いに届き合い、互いに出合い、溶けて、自分た ちの存在証明を忘れている......。だからこそ愛は非常に美しい。この境地は " ムドラー " と 呼ばれてい...

続きを読む

RECEPTIVITY /受容性

積極的に答えを探し求めるのをやめるときです。自分自身を空からにして、全存在を受け入れるようになりましょう。 ただリラックスして待ち、楽しむことです。 哲学の教授が、禅のマスター、南院のところに行って、神、瞑想、そして非常に多くのことをたずねた。  マスターは沈黙したまま聴いていた。 そして言った。「あなたは疲れているようだ。あなたはこの高い山 を登ってきた。あなたは遠いところから来た。まずあなたに...

続きを読む